diary2008

2008年12月11日

小柴  三喜丸

IMG_0549.jpg
今回は大物シーズンも終わり、オオモニカンメンバーで
前半タチウオ、後半アジ・マサバ狙いで行って来ました。

【釣果】  9人  
     タチウオ       多数
     アジ          多数
     マサバ        多数
     ワラサ    2.5キロ~3.7キロ  5本
     ヒラメ     2.1キロ       1本
     本サワラ     4キロ        1本

裕二 
    タチウオ       18本
    マアジ        多数
    マサバ        多数
ワラサ    2.5キロ~3.7キロ  3本
    ヒラメ     2.1キロ        1本
本サワラ   4キロ          1本


【裕二の一言】  
いやぁ~東京湾の泳がさせも馬鹿にできないなぁ~!

ページの先頭へ

2008年11月13日(木)

東京湾南沖のアカムツ釣り

IMG_0542.jpg
先日、Team Tsu-Fuの上田さんが2人でアカムツを
約40匹ちかく釣って来たので、
急遽、アカムツ釣りに行って来ました。


【釣果】  3人  
     アカムツ  0.8キロ~2.1キロ     36匹

【裕二の一言】  
今回、食べたくて釣りに行ったがやっぱりうまいなぁ~!
皆でアカムツフルコースで食べました!!

ページの先頭へ

2008年10月31日(金)

小柴 三喜丸

今日は、オオモヒカンのメンバーの哲と亀吉と3人でスミイカ釣りに遊びに行ってきました。

【釣果】  11人  
     スミイカ  200~450グラム  11~36パイ  261パイ

裕二  スミイカ  32ハイ

【裕二の一言】  
なんせスミイカ釣りが始めてだったので、前半は要領がつかめなかったが後半は追い上げました。

ページの先頭へ

2008年10月16日(木)

銭洲 龍正丸

IMG_0533.jpg
今回は、オオモヒカンの例会で貸切の予定でしたが
メンバーの半分が欠席の為、乗り合いでひさびさに
銭洲に行って来ました。
前日に下田入りし、朝2時に出船・・・・
前日まではお客がオオモヒカンのメンバーが
6人だけかと思っていたら、なぜか11人に・・。
ナギの中、7時前に島回りに到着・・。
ムロ釣り・・これが見えるが中々釣れない・・・・。
ムロ竿で何とかポツリポツリと拾い釣り・・・
そのあい間に泳がせも下ろすが、反応がイマイチ!。
東側がダメなので今度は西側を攻めるがカンパチの
反応がなし・・・そのうち東側でツムブリがコマセ釣りで
食いだす・・。自分の収集した情報では、最近はダルマ回りでヒラマサとカンパチが模様が良いとの事。豊君に早くダルマに行くように言うが、
ぜんぜん聞く耳持たず!!!そのうち西の方に走りだし五目釣りに。
気が付くともう11時近くになり、ようやくダルマに走り出す・・・。
ダルマに近づくと先にとび島丸が来ていて、2人食わしてる最中!
すぐに潮回りし投入・・・暴れるが中々食わない・・・・すると右ミヨシ2番の坂本さんにヒット!!!
水面には、7キロ前後のカンパチ! 続いて左トモの本橋会長にヒット!!! 
いつものようにのされて、すぐにキーパーに掛け何とか8キロ級のヒラマサゲット!!! 
あぁ~もっと早く来てればなぁ!!! と思いていると、誘った瞬間に自分やっとヒット!
最初の魚なので慎重にヤリトリしていると、左真ん中の客に大きな魚が掛ってる模様!!
そんな中、8キロ級のヒラマサをゲット!!! 左の客は、30キロ近いモロコらしい・・・・・。
次の流しにまた会長が4キロちかいカンパチをゲットして、時間になり終了!。

【釣果】  船中  11人  
       カンパチ  7キロ  1本
       ヒラマサ  8.2~8.5キロ  2本
       モロコ  27キロ  1本

裕二    ヒラマサ  8.2キロ  1本


【タックル】  
ロッド   剛樹ディープブルー・アンバージャック18SS
リール   シマノ オシアジガー5000

【裕二の一言】   
朝からダルマに行ってればなぁ・・・・・。


ページの先頭へ

2008年10月06日(月)

伊豆諸島(2日目)

昨夜、今回のメンバーと打ち合わせした結果、今日はカンパチを諦めシマアジに絞る事に決定!
朝6時に出船し昨日シマアジが食ったポイントに向かう・・・・。
ポイントに到着すると昨日同様、潮が速い・・・・そんな中、昼までシマアジを狙いポツリポツリと・・・。
いつの間に昼になり本日終了!!!

【釣果】   船中  シマアジ  1・3~2.6キロ  8枚

        裕二  シマアジ  1・3~2・4キロ  3枚

【裕二の一言】  
今日は昨日同様に潮が速すぎでダメ!!!

ページの先頭へ

2008年10月05日(日)

伊豆諸島(1日目)

IMG_0530.jpg
今回は、ひさびさの伊豆諸島
メンバーは、最近いつも釣りに一緒に行く上田氏と
弟子の3人!まずは、6時に港を出船!!!
北東の風が少し吹いてる上、潮が西からの速い潮
なので結構な波!こんな中,まずは前日にシマアジが
食ったと言うシマアジのポイントに・・・・。
大波の中、シマアジ釣りから!!!しかし潮が速く
ポイントからすぐに外れコマセがぜんぜん効かない!
そんな中、マメにコマセていると弟子にシマアジの
当たりが・・・・上がって来たのは、1・5キロ級の
シマアジ!しかし、何せ潮が速く中々、後が続かない!
そんな中、シマアジを拾い釣りして何とか4枚キープ
したのでセットしてあった泳がせの仕掛けのムロアジを付けて降ろしておく・・・・。その隣でシマアジ釣りをしていると・・・・泳がせのロッドの様子がおかしい・・・
すぐに手持ちにかえ誘い込むとすぐに食い込みヒット!!! イヤ~カンパチは面白いなぁ・・・。 
水面には、8キロ級のカンパチ!!すると、今度は弟子のロッドが良い曲がりに・・・
まあまあサイズ見たいなので玉網を持ってすくいに行くと、3キロオーバーの良型のシマアジ!
その後、昼までシマアジ釣りをして午後は速い潮の中、泳がせを強行するがまったくアタリ
無く午後3時に沖上がり・・・。
IMG_0529.jpg
【釣果】  船中 3人  
シマアジ  1・4~3・5キロ  9枚
カンパチ  8・1キロ  1本

裕二    シマアジ  1・5~2・2キロ  5枚
       カンパチ 8・1キロ  1本

【タックル】  
カンパチ用   
ロッド  剛樹ディープブルー・アンバージャック18SS
リール  オシアジガー5000

シマアジ用  
ロッド  剛樹ディープブルー210SS

【裕二の一言】  
今日は何処も潮が速く厳しい・・・。
明日も潮次第だなぁ~。

ページの先頭へ

2008年09月29日(月)

相模湾沖のクロマグロ(本マグロ)釣り

IMG_0512.jpg
前回、釣って来たクロマグロが美味しかった為
また食べたくなり、雨の中のちょこっと
チームTsu-Fuの上田さんと弟子とで本マグロを
釣って来ました。

【釣果】 
クロマグロ  25~29キロ  3本
シイラ     70~105センチ  3本

【タックル】   
ロッド   剛樹ディープブルー・アンバージャック17SS
リール  アルテクノス
ライン  ウルトラダイニーマ10号
餌    活イサキ
IMG_0519.jpg
【裕二の一言】   
前回、釣ったクロマグロの試食会を仲間でしたら、
美味かったので雨・シケの中に食べる分だけ、
釣って来ました。弟子は、50キロオーバー狙いで
2回掛けたがまるで歯がたたず・・・・
(ラインが足りず最後はドラグの締め過ぎ)
自分は、3本食わせ・・・2本獲って・・・
1本は針掛かりせず!!!
クーラーが足りず・・・
夕まずめを粘らず帰ってきました。


IMG_0525.jpg

IMG_0527.jpgIMG_0515.jpg

ページの先頭へ

2008年09月11日(木)

相模湾南沖

IMG_0508.jpg
この間、大間にクロマグロ釣りの予定だったが
大シケの為に中止になったが、どうしても
クロマグロが食べたくなりチームTsu-Fuで、
相模湾沖の回りのキハダマグロ釣りの船を横目に、
クロマグロを釣ってきました。

【釣果】  2人  
クロマグロ  12~29キロ  3本
シイラ  80~110センチ  2本

【タックル】  
ロッド   剛樹 ディープブルー・アンバージャックS17
リール   アルテクノス
ライン   ウルトラダイニーマ10号
ハリス   30号
餌    活イサキ 

IMG_0505.jpg

【裕二の一言】  
皆がキハダに夢中になってるうちに、
コッソリ・・クロマグロを仕留めてきました。
この他に、昼近くに一発!!
50キロオーバーのデカイのが食ったが、
30分格闘後ハリスが限界切れしました。 
くやしい~!!!  
フロロカーボンの30号を過信過ぎてましたぁ~。

ページの先頭へ

2008年08月25日(月)

銭洲 下田龍正丸

2008-08-25.jpg
先週末あたりから銭洲でカンパチが食い出したと
言う情報を聞き、日曜日の昼に、豊君に月曜に
行きたい事を告げると天気予報も悪いみたいで
乗る気無し! 夕方に決まったら電話をくれ!と
取り合えず電話を切りサウナに行き足マッサージに・・。
すると夕方、客も5人になったし出るよ!と嬉しい電話。 
早速、支度し家を8時過ぎに出ると東名に乗ってから
ドシャ降り!沼津インターを降り天城峠を超え
下田に着くまで、ず~とドシャ降り!!!
で港に着いたのが、午後11時頃。キーパーを
付けようと船に乗ると、まだ誰も来てる様子が無く
何処にもキーパーが着いてない!!!
今年はまだ何処の船でも、右トモに座って無かったのでひさびさに右トモにキーパーを付ける。するとドシャ降りの中、ボチボチと釣り人が集まりだす・・・
出船時間の1時半には、一人増え6人の客を乗せ一路銭洲へ。
今年初の銭洲なので、早くから目が覚め我慢できず5時半には外に出て支度えをはじめる・・・。
外は東っけの風が強く慌ててカッパを着る。ボチボチ支度をしていると、島回りに到着!
時間は6時半。まずは、餌釣り・・・・2~3メーターに落とすとボチボチ中・大のムロアジが食いだす・・・
そのうち水面に浮き15匹位貯めると、7時になり泳がせの仕掛けを投入!!! 
底に着いた瞬間もう、カンパチが咥えてる・・・しかし小さいみたいで飲み込みが悪い・・・
しかしヒット!!!3~4回ポンピングしているとバレた!針が外れた。何やってんだ~
その後、隣の山田にヒット! 上がって来たのは2.5キロ級のカンパチ!先にやられた・・・。
次の流しは、ムロが暴れる・・・と右ミヨシにヒット! それも中々の引き・・・
上がって来たのは6キロオーバーのカンパチ。そして次の流しは、集中して棚取りすると ヒット!!! 
最初の魚などで慎重に巻き取ると4キロ前後のカンパチ!
その後、1時間はボチボチ獲り3本まで数を伸ばすと、8時半頃に左側で2人にヒットしたらしく、
一人の方と自分のミチイトがオマツリしたらしく・・・入れ食いモードに入ったみたいだが、
ラインを延ばし先に魚を捕ってもらう。そして左側は、無事カンパチゲットしたみたいなので
すぐ切ってもらうと今度はその仕掛けがペラに巻いちゃってこっちに来ない!
乗り子の功君は何とかしようとしているが、この入れ食いタイムを逃したくない自分はすぐに
ミチイトを切ってしまう。そして、新しい仕掛けをすぐに付けて投入するとすぐにヒット!!!
右側は誰も当たらないのを横目に3連投ヒット!!!
これは、今日は10本だなぁ~と豪語していると、やはりそう甘くなくその後は、
船中ピタリとアタリが遠のく・・・。時間もいつの間に11時近くになり、
マイクでは北東の風が陸のほうもそうとう吹いているので12時半には上がります・・・
との厳しいお告げ!。  その後、食いの悪いのを何とか1本追加して本日沖あがり!!!

【釣果】  船中  6人 (乗り子の功君入れて7人)  
カンパチ 2~6.8キロ  17本
その他  ハガツオ・シマアジ・ムロアジ
裕二    カンパチ 2.4~6.2キロ  7本

【タックル】  
ロッド   剛樹ディープブルー・アンバージャック190
リール  オシアジガー3000

【裕二の一言】  
チビムロ作戦だったが、今年はチビムロの育ちが早くさらに難しい・・・・。
だから余計に面白いんだよなぁ~。

ページの先頭へ

2008年08月11日(月)

伊豆諸島 (2日目)

P8100118.JPG
今日は昨日と違い、無風にちかいナギ!
規定の6時に昨日のポイントに向けて出船。
ポイントに到着し、まずは昨日と一緒でムロ釣りから・・・。
昨日は、回りに船がまったく無かったが今日は凪のせいか、
遊漁船・漁船・レジャー船と約10隻
ちかくいるなぁ~。と言う事で、船が多くやりにくいなぁ・・・・。
まずはムロを釣ってすぐ入れると昨日同様すぐにヒット!!!
水面には3キロ級のカンパチ!すると今度は弟子にもヒット! 
こちらも3キロ級のカンパチ!
今日も入れ食いかと思いきゃ、この後、ばったり反応が無く・・・・
自分がその後、1本追加し時間も8時半過ぎなので、
昨日に型の良いサイズがでたポイントに移動してもらう・・・・。
すると、もう先に船が1隻きている・・・・・
ダメかなぁ~と思いながら投入すると・・・弟子にヒット!
デカイのか?と思いきゃ・・5キロ級のカンパチ!
その後は、まったく当たらず11時の沖あがりに・・・。
P8110123.JPG

【釣果】  船中 3人  
        カンパチ 3~5キロ  3本
        本カツオ 2~4キロ  7本
裕二     カンパチ 3~4キロ  2本

【タックル】  
ロッド   剛樹ディープブルー・アンバージャック190
リール  オシアジガー3000

【裕二の一言】   
今日は、厳しいかった・・・。
今日は組合長(住吉丸)がもうけた禁止区域が潮目で、
出来るところが潮裏の為に、どうにもならず・・・・。 

ページの先頭へ

2008年08月10日(日)

伊豆諸島 (1日目)


今回は、自分と弟子とT氏の3人で伊豆諸島に行ってきました。
釣座は、自分が右ミヨシ・弟子が右トモ・T氏が左ミヨシで、時間の6時になり出船。
予報ではナギのはずが、なぜか北東の風が結構吹いてる・・・・それも結構涼しい。 
波の中、6時半過ぎにはポイント到着。 まずは、浅根のポイントでムロアジ釣り・・・・
T氏は、始めはシマアジ狙いみたいだぁ。
自分と弟子は、最初からムロアジ釣り・・・・水面にコマセを撒いていると3メーターでムロが1匹食った・・・
すぐに隣にセットしていたカンパチのロッドにムロを付けておろす・・・とすぐにヒット!!
やぁ~カンパチは楽しい~! 水面には4キロ級のカンパチ!今日もバリ食いかと思っていると・・・・
後が続かない。しかし10時ちかくまで自分は4本釣り・・・弟子は2キロのツチホゼリ1本。
すると今度は水面に本ガツオが見えるのでオキアミをまくと、3~4キロの本ガツオの凄い群れ・・・
今度は弟子に釣らせ・・こっちは、魚を〆る係り! 本当の入れ食い・・・
ものの20分で本カツオが約20本! こっちは〆る係りなので全身血だらけ!!!
おまけにクーラーに入れるのに、汗ダラダラ!。  一段落したので今度は沖の離れに行ってみる。
すると一投目にT氏にヒット! それもかなりデカそう・・・
何度かヤリトリしたのちに水面には12キロ級のカンパチ!
やぁ~やられたぁ~! 今、暴れてたんだが食わせられなかった。 
すぐに餌を変え投入すると今度は俺にヒット!上がって来たのは、10キロのカンパチ!!!
弟子にすぐに入れろと指示するが・・・・T氏に3キロのカンパチが食って、ピッタリ食いが止まる。
その後、あちらこちらポイントを変えてみるが、まったくダメ!
そして、3時の沖上がりの時間になり本日終了!
P8100121.JPG

【釣果】  船中 3人  
カンパチ   3~12キロ  8本
ツチホゼリ  2キロ  1本
本カツオ   2.5~4キロ  約30本
             メジナ・ウメイロ・少々
裕二  カンパチ 3~ 10キロ  5本

【裕二の一言】 
うぅ~ん! 何かカンパチが余計には居ないなぁ~

ページの先頭へ

2008年07月29日(火)

伊豆諸島 (2日目)


昨夜は、突風が吹いていて一体どうなるか?と思ったが朝起きるとまだ南西が吹いてるが、
以外とナギ・・・。 軽く朝飯を食って、昨日のポイントに出船!
6時半過ぎには、昨日のポイントに着きまずはムロ釣り・・・
実は昨日に1匹なら生きてるだろうとムロアジをイケスに入れといたら、これが生きてました!!!・・
昨日のムロアジが・・・。このムロをつけて先に泳がしておく・・・・
そしてひたすら水面にコマセを巻いてムロアジをまっていると、5分もすると水面にチラホラ・・ムロアジが?  
すぐに1匹釣って、泳がせの餌を変えようと仕掛けをあげると・・・ムロアジがいつの間にか抜かれてる!!!
慌ててムロアジを付けて落とすと、もう着いた瞬間に銜えてる・・・・ヒット!!! 今日は入れ食いモード!
水面には、3キロのカンパチが・・。すぐに餌を釣り、そのまま仕掛けを下ろすと・・・・ヒット!!!
これも3キロ級!〆るのも忘れてすぐに落とすと・・また・・銜えた・・・興奮しすぎて早アワセでぬけた!!!
やっちゃった!(平常心・平常心・・と自分に言い聞かせ)
今度は手頃な餌が中々取れない!!!やっと取れたので、すぐ落とすとヒット!!!
今度は4キロ級!!!足元には、カンパチがゴロゴロしてるのでクーラーに仕舞おうと回りを見ると、
右トモの弟子も、何と2本目を掛けている!!!左側も2人ともヒットしてる模様!。
慌てて魚をクーラーに放り入れ、仕掛けを入れるとまたまたヒット!!! 
楽しい時間は早いもので食いが一段落した頃、時計を見に行くともう9時近く・・・。
この時点で、自分が7本・弟子が4本・健二が2本・T氏が4~5本!!!
ここで食いが渋ったので、ポイントを変えカンパチを探しに行く・・・・。
まずは昨日、マダイが食ったポイントに行ってみる・・・いゃ~暴れるなぁ・・・。
すると、健二のルアーにヒット!!!上がって来たのは5キロ前後のカンパチ!
しかし、その後が続かずポイントを点々とするが何処もダメ!
しかも沖上がりの11時半まで後1時間!さあ~どうするかぁ~?
健二が釣ったポイントが一番餌が暴れたので、そこで残り時間を勝負する事にする。
すると、まず最初に自分にヒット!!それも浅いので中々の引き!!上がってきたのは8キロのカンパチ!
やっぱり居たぜ~。しかし、自分のイケスのムロが乏しくなってきた・・・。
すぐに投入すると、すぐに食い込みやがった! しかし、慌て過ぎて早アワセ!!(掛らず!!!)
潮がボチボチ速い為、すぐ潮上りをする・・・そして投入するとすぐにヒット!!!
そのあと、左ミヨシの健二にもヒット!!!俺のは、デカそう! しかし、何かやな予感!
やはり、健二とオマツリしている!!そして俺のはバレ! 
上げて来るとやはり俺の針が、健二のミチイトに引っ掛かり針はずれ・・・
すぐ外してやり健二は、無事ゲット!その後、ボチボチ食い、餌が取れなくなり終了!
P7290097.JPG
【釣果】   
カンパチ  2~9キロ 21本
ヒラマサ  4キロ  1本

裕二  カンパチ  2.5~8キロ  8本

【タックル】  
ロッド   剛樹アンバージャック190(ディープブルーオリジナルロッド)
リール  オシアジガー3000

【裕二の一言】  
いやぁ~チビムロカンパチは、難しいから面白いなぁ・・。

ページの先頭へ

2008年07月28日(月)

伊豆諸島 (1日目)

P7280095.JPG
昨夜は、突風が吹いていて一体どうなるか?と思ったが
朝起きるとまだ南西が吹いてるが、以外とナギ・・・。 
軽く朝飯を食って、昨日のポイントに出船!
6時半過ぎには、昨日のポイントに着きまずはムロ釣り・・・
実は昨日に1匹なら生きてるだろうとムロアジをイケスに
入れといたら、これが生きてました!!!
昨日のムロアジが・・・。
このムロをつけて先に泳がしておく・・・・そしてひたすら
水面にコマセを巻いてムロアジをまっていると、
5分もすると水面にチラホラ・・ムロアジが?  
すぐに1匹釣って、泳がせの餌を変えようと仕掛けをあげると・・・ムロアジがいつの間にか抜かれてる!!!
慌ててムロアジを付けて落とすと、もう着いた瞬間に銜えてる・・・・ヒット!!! 今日は入れ食いモード! 
水面には、3キロのカンパチが・・。すぐに餌を釣り、そのまま仕掛けを下ろすと・・・・ヒット!!!
これも3キロ級! 〆るのも忘れてすぐに落とすと・・
また・・銜えた・・・興奮しすぎて早アワセでぬけた!!!やっちゃった!
(平常心・平常心・・と自分に言い聞かせ)
今度は手頃な餌が中々取れない!!!やっと取れたので、すぐ落とすとヒット!!!
今度は4キロ級!!!足元には、カンパチがゴロゴロしてるのでクーラーに仕舞おうと回りを見ると、
右トモの弟子も、何と2本目を掛けている!!!左側も2人ともヒットしてる模様!。
慌てて魚をクーラーに放り入れ、仕掛けを入れるとまたまたヒット!!! 
楽しい時間は早いもので食いが一段落した頃、時計を見に行くともう9時近く・・・。
この時点で、自分が7本・弟子が4本・健二が2本・T氏が4~5本!!!
ここで食いが渋ったので、ポイントを変えカンパチを探しに行く・・・・。
まずは昨日、マダイが食ったポイントに行ってみる・・・いゃ~暴れるなぁ・・・。
すると、健二のルアーにヒット!!!上がって来たのは5キロ前後のカンパチ!
しかし、その後が続かずポイントを点々とするが何処もダメ! しかも沖上がりの11時半まで後1時間!
さあ~どうするかぁ~?健二が釣ったポイントが一番餌が暴れたので、そこで残り時間を勝負する事にする。
すると、まず最初に自分にヒット!!それも浅いので中々の引き!!上がってきたのは8キロのカンパチ!
やっぱり居たぜ~。しかし、自分のイケスのムロが乏しくなってきた・・・。
すぐに投入すると、すぐに食い込みやがった! しかし、慌て過ぎて早アワセ!!(掛らず!!!)
潮がボチボチ速い為、すぐ潮上りをする・・・そして投入するとすぐにヒット!!!
そのあと、左ミヨシの健二にもヒット!!!俺のは、デカそう! しかし、何かやな予感!
やはり、健二とオマツリしている!!そして俺のはバレ! 上げて来るとやはり俺の針が、
健二のミチイトに引っ掛かり針はずれ・・・すぐ外してやり健二は、無事ゲット!
その後、ボチボチ食い、餌が取れなくなり終了!

【釣果】   
カンパチ  2~9キロ 21本
ヒラマサ   4キロ  1本

裕二  カンパチ  2.5~8キロ  8本

【タックル】 
ロッド   剛樹アンバージャック190(ディープブルーオリジナルロッド)
リール  オシアジガー3000

【裕二の一言】 
いやぁ~チビムロカンパチは、難しいから面白いなぁ・・。

ページの先頭へ

2008年07月19日(土)~07月24日

南西諸島

IMG_0418.jpgIMG_0488.jpg
IMG_0474.jpg
後日更新します。

ページの先頭へ

2008年06月28日~07月02日

南西諸島

P6020060.JPG
後日更新します。

ページの先頭へ

2008年04月29日~05月03日

南西諸島

IMG_0315.jpg
後日、更新します。

ページの先頭へ

2008年04月06日(日)~04月10日(木)

P4070009.JPG
去年の秋に、つり丸の健二を連れ石垣島のT丸に
行ったがその時は天候が3日間とも悪く、
本命ポイントの北東の場所に1回も入れなかった為、
昨年のうちに今年の4・5・7月と3回予約し今回、
T丸に行って来ました。もともと、このT丸は2年前に
ライバルのジャイアン(金本)が先に目をつけて通って
いたので、悪くて行く気はぜんぜん無かったんだが
昨年の7月に奄美の取材の予定が、台風で流れ困ったあげく昨年の秋に取材をかねてT丸に行ったのが、元々の切っ掛けでした。
メンバーは、私と弟子とU氏の3人! 
狙うは、60キロオーバーのカンパチ!初日、まずは
パヤオでムロを釣り・・いよいよ2時間かけて
北東の本命のポイントヘ・・・。そして、まず第1投・・・ムロが凄い暴れかた・・・
すると左トモのU氏ににヒット!!と思うと、弟子と自分にもヒット!!!
トリプルヒット!!!やはり凄い!。3人とも無事に10~20キロのカンパチゲット!!!。
これはスゴイなぁ~。潮上りし第2投目・・・・すると俺とした事が・・・・慌ててハリスが絡んでる・・・
直して投入する時には、右トモの弟子も左トモのU氏はすでにヒット!してる・・・・。
すると自分の仕掛けが底に着いた・・・・・。
しかし、食わない・・・タナを探っているとヒット!!!しかもデカイ!!ラインが出ていく・・・。
しかし、20メーター出たとこで止まった!思ったほど大した事ないなぁ・・・・。
久々なので、慎重に上げてくる・・・弟子は、散々自分のヤリトリを見てるので、
すでに50キロは無いね~と言っている・・・自分は、20メーターで止まった時点で判ったが・・・・・・
水面には、40キロ級のカンパチが・・・。
食いがたっているので、俺の写真はいいからすぐに潮上りをしてやって・・・と船長に言うと、
船長は写真が先だと言う・・・2人には悪いが仕方ないので、記念写真をさっさとすませる。
さぁ・・・今日はやるぞ~と気合をいれ第3投目・・・・・全然暴れない・・・・餌が・・・
しかも水深もさっきと違う!これさっきとずれてるな?と思っていると船長から、
ダメだから1時間半移動します!!と告げられる!なぜ?
今の流しは、前とは絶対ちがう・・・もう普通なら、もう一回位上り直すだろう?
ましてこんなに食ったポイント! 潮変わりまで待っても、良いだろうと思うのだが?
俺が船長ならそうするが・・。こちらの内心の希望を裏切り、次のポイントに到着!!!
そのポイントでは10~15キロクラスが数本取ってまた3流しで45分移動・・・・・
そして次のポイントでも3流しやって(ここでも10キロ前後を数本)、また1時間以上移動!
気が付けばいつの間にか港に帰港・・・時間は夕方6時。 
そこで、船長が魚はどうしますか?と聞くので・・魚の目方が判れば、まだ2日もあるし最後に
お土産で2~3本持って帰れれば良いから・・今日のは要らないよ!と言うと、
いや判らないので数本イケスにしまっておきましょう!
と言い(おかしいなぁ~)、明日も今日の最初のポイントに行ける?と聞くと・・・
あのポイントは資源保護の為に一航海1度しか行きません・・・明日は西表の方に行ってみましょう・・・
とこちら意見は無視!!!3日間もチャーターして本命ポイントで出来るのは、たった2流しだけ!!!
今まで色んな所に行って来たが・・・こんな船長は始めて!!!
こんなら最初からホームページに、何日チャーターしても本命ポイントは2流ししかしません!
と書けよ・・・と言ってやりたかってが・・・後2日あるし最後に言ってやるか!とグッと我慢。
その日の夜は、弟子とU氏と3人で石垣の街で夕食にでたが、
普通なら初日で40キロでれば自分も気分も良いが、3人であの船長のやり方が納得出来ず・・・
愚痴だらけ! U氏は自分で船を持っているから、あの根はずしにはカンカン!

二日目は、朝からパヤオで餌を捕り船長の予定通り西表に・・・・
ここでもほとんどが大移動・釣り・大移動・釣りで
昨日と一緒で2~3流しすると1~2時間移動の繰り返し!!!
(投入すれば・・10~15キロ前後のカンパチは食うが・・)
南に遠征に行くと、いつも一日中釣りをしていてヘラヘラになるが、
今回は昨日もそうだが移動が多くほとんど疲れない。
なぁ~んか違うなぁ・・・!と思いながら港に夕方6時に到着。

三日目は、また違うポイントを転々と移動を繰り返し、昨日と同様に2~3流しして大移動の
繰り返し・・・しかも午前中に自分で釣った魚をカメに入れようとしてカメのフタを開けたら、
氷が解けてほとんどない!!!船長に言うと、大丈夫ですよ!と一言・・・
何が大丈夫なのか?まったくあきれる一方!!!
当然、夕方港に帰るとカメの氷は解けて無く・・・解けた水はぬるく・・・
魚をお土産で持って帰ろうと思っていたU氏は内心切れまくり・・・。 
お互い今日釣ったカンパチを2本づつハッポーに入れて家に送りたい・・と
魚を出して船長指示して取り合えず船の荷物を車に移し、宿泊しているホテルに向かう・・・。 
その夜は石垣の街に出て夕食を取りながら皆でグチだらけ!!! 
こんな遠征は今まで始めて!!!船には3日分の氷は積んでないし・・・
来る前から楽しみにして、高い費用を使って仕事も休んで来てるのに、
3日間で本命ポイントをまともに流したのは2流し・・・。自分の遠征釣りの考え方は、
もし船長が一生懸命やって結果が悪かったら、それは仕方無い事!相手は自然だし、
長く生き伸びてきている巨大カンパチが相手なんだから・・・ほとんどの遠征は失敗だらけ・・・。
しかし今回みたいなのは始めて・・・良く通ったトカラの南風丸や与那国の瑞宝丸や
奄美の泊船長のところでこんな、不愉快な事は一度も無かった。
本当に客を馬鹿にした船だ・・・今年はあと2回予約を入れていたが、
全部キャンセルして帰ろうと船長からの連絡を待っていたら・・・・
なんとその夜、携帯メールにて支払い金額が送られてきてお金は今泊まってるホテルに
預けるか?口座を教えるので振り込んでほしい・・とメールで送ってきた・・・・
明日、客も無いのに空港に見送りにも来ず、お金もホテルに預けるか振り込んでくれ・・
とはどこまで客をなめてんのかビックリ!!!オマケにえらく延長料金がついてる
ので、メールで問い合わせたら魚の処分に費やす時間や帰ってきてからの
船の掃除の時間も入っています・・・との回答に
さらにビックリ!!!(今までいろんな船をチャーターしてきたが、本当にビックリ!)
こっちもお金の事でもめるのは嫌なので、帰ってすぐ振り込む事にして帰る事に・・・・・。

東京に戻って、すぐに言われた金額を振り込み船長と直接話す気も無かったので
,メールで今回の不快な事で今後のキャンセルと今後は一切行かない事をつげました。
その事を帰って来てから弟子の哲に話すと、彼は同じ石垣島のトロピカルに通っていて、
何と氷は24時間漁協でかえるらしく哲が乗っているトロピカルでは、毎朝氷を積んでるよ・・・
と言われまたビックリ!!!さらにビックリしたのが、船長には最終日のカンパチを
カメからわざわざ出して4本送るようU氏と言ったのに・・送られてきたのは、
その前日か前々日に釣った氷のきいてなかったカンパチ!!! 
(実は最終日のカンパチはわかるように、こっそりと尻尾をはさみで少しおいたのですぐに判った)
まったくひどい!!と,U氏はカンカン!!!と今回は散々な遠征だった。
P4070007.JPGP4070015.JPG

【裕二の一言】   
今まで巨大カンパチを追い続け、いろんな所に行っていろんな船長と出合ってきたが・・・
その中には、確かにいろんな船長がいた。 その中には、本当に魅了ある船長が多々いて、
いろいろ教わったりもした。
そんな船長達に共通することは、どの船長もとにかく一生懸命やってくれる・・・・
だから、たとえ何も釣れなくても納得してしまう。 
そして懲りずにまた予約を入れて帰って来てしまう・・・いつか、この船で巨大カンパチに
出会えると信じて・・・・。 確かに資源保護と言う話が最近よく出てくるが・・・
釣り人が釣る数なんて、大した数じゃないのに・・・・・それより巻き網や定置網や
底引き網なんか根こそぎなのに!!!そう言う漁師の事は、
問題にせず・・・なぜか矛先は釣り人にくるんだよなぁ~! 
話がそれたが、南西諸島に釣りに行く人は自分を含めほとんどの人が、計画をした段階から
ワクワクし、その為に仕事を休み、高い費用を出して行くのに・・・・
これをこの船長はただのビジネスとしか考えていないのだろう。
(それはそれで商売と考えれば悪いことでは無いが・・・) 
いずれにしろ、これからはお客が船を選ぶ時代・・・・その時に、きっと判るだろう・・・。

ページの先頭へ