diary2005 thelatter

2005年12月30日(金)

外房 とみ丸

c-12-30.jpg
天気 晴れ   北西の風
波 1・5メーター  水温18・8度

今年最後の釣りの締めくくりは、自分のホームグランドの
下田龍正丸で銭洲のカンパチをバッチリ釣って一年を
締めくくろうと思っていたが、30日の夕方までには
帰らなきゃならず考えた末にカモシのヒラマサ釣りに、
弟子を連れて行ってきました。
豊船長すみませ~ん。と言う訳で、弟子を連れて
川津の港に着いたのは、深夜の2時過ぎ・・・
船にはまだキーパーが付いていなかったので、
早速右トモに付け弟子には右トモ2番に付けさせ早々、
宿に行き仮眠・・・。しかしいつもそうなんだが、
釣りの前日はなかなか寝付けないんだよな~
ウトウトしているうちに、5時の目覚ましが・・・・・。
タップリ着込んで船に歩いていくが、風は無いが寒~い!
早々船に乗り支度を・・・今回は連れて来た弟子にも
ヒラマサ釣らせたい為、弟子に特餌を使わせ自分はサンマとヒイカで、
二手に分かれ攻める作戦! まぁ!何とかなるだろう・・・。
支度が済み、いよいよ自分達を含め客6人で海中公園沖に出船・・・。
ベタナギの中、ポイントに着き第1投・・・・。
何の変化もなく仕掛けを入れなおしていると・・・
隣の弟子のサオが水面につき刺さる!!!
ヒラマサだ・・・リールのドラグが甘くミチイトが出ていく・・・
すぐに隣に行き少しドラグを締めてやり、隣でアドバイスをおくってやり水面には
7キロのヒラマサ!!!これで役目をはたしホッ~としていると、また弟子に、ヒット!
これはデカそう・・・すると、2回目の突っ込みでサオが元に・・・バラシ!
それも自分が作った仕掛けのヒラマサ針の14号が折れてる・・・・
前回といい今回と言い、どうなってるんだ?
すぐに新しい仕掛けを渡すと、棚に着くなりヒット!
今日は、わしの作戦とは言え俺の歯車が合わないな・・・・・
今度は、何と7キロの真鯛!!!その後、時間が過ぎていくが回りの船で
ボチボチヒラマサが上がってる模様・・・気がつくと、後ろにいた漁船が食わせてる・・
慌ててすぐに仕掛けを入れ替えて、誘うとすぐに食い上げのアタリ!!!
すぐに早く巻き合わせる・・・イヒヒヒヒ・・・・完璧や~
それにまあまあサイズの引きや・・・・・・
今年最後の魚だと思い少し時間をかけて上げると、13キロのヒラマサ!!!
うぅ~今年最後も完璧や・・・・。その後は魚の活性も無くなり、
弟子が1キロ前後のカンパチを1本追加して本日終了。

【釣果】
   船中   ヒラマサ 7~13キロ  2本
         カンパチ 1キロ     1本
         マダイ  7・1キロ    1枚

    裕二  ヒラマサ  13キロ   1本

【タックル】
  ロッド   剛樹ウルフ210村上スペシャル

  リール  オシアジガー3000

【裕二の独り言】 
やっぱり青物は楽しいな~ 
しかし、来年の銭洲の解禁まで御預けだな・・・。

ページの先頭へ

2005年12月21日(水)

外房 海中公園沖

c-12-21.jpg
天気 晴れ   西の風のち南西の強風 
波 1メーターのち2・5メーター  水温16・5度 

最近、仕事ばかりしていて釣りに行けなかったが
今回ひさびさにカモシに行ってきました。
情報によると、2~3日前にヒラマサが荒食い
したらしいが、昨日から食いが止まってるらしい。
しかし、今回はマダイは狙わないヒラマサだけを
狙ってくれる船を捜し予約を・・・。
朝、港に着くと船にはまだ誰も来てなく釣り座をミ
ヨシにするかトモにするか、悩んだすえ
右ミヨシにする。結局、自分と客3人と助手を乗せて
海中公園に向けて出船・・・。
まだ薄暗いうちに着き、すぐに第1投・・・しかし何ごともなく、すぐに仕掛けお入れ替え第2投・・・・
下から誘い上げると、誘い上げる途中にヒット!!・・・・
竿が水面に突き刺さる・・かなりデカイ!
ハリス12号なのでサオでためていたが、10メートル糸が出たとこでサオが勢い良く元にもどる・・・
ばれた・・・針がはずれたな~と思いながら仕掛けを巻くと、何と針が折れている!!!
針の掛かりどころが悪いとはいえ、針が折れるとは・・・・。
気分を入れ替えて仕掛けを換え、またカモシまくる。
今度はコマセを入れ替える為に仕掛け上げていると、右どなりの客にヒット!!
見てると糸がどんどん出ていく・・ドラグがゆる過ぎだなと思って見ていると、やはり針がはずれてバラシ!!
回りはぜんぜん食ってる様子がなく、もったいないな~
その後、小船の漁船だけがボツボツ食わしている・・・それも小アジで・・・・・。
やっぱり食いの悪い日は、生き餌は強いよな~
ここで諦めずに、クーラーボックスから特餌を取り出し針に付けて投入・・・
するとすぐに、ヒット!!!しかし、思いっきりサオが突き刺ささったが・・5秒でサオが元に戻る。
船の回りを見ると、船長を含め誰も今の出来事に気がついていない・・・
あぁ~よかった・・しかし、何もないふりをして仕掛けを巻くと・・・
ハリスが途中から切れている?・・・・・俺のドラグ調整で切れるはずがない。
たぶん、投入の時にいつも気おつけてはいるが、自分でハリスを踏んでキズがついていたんだろう?
まったく、今日はまいったな・・・・。しかし、この潮変りに何とかせねば・・・・・
回りの客がこの潮変りに気がつかず、ボ~としている間に特餌を付けコマセていると、やっと ヒット!!!
これは、さほど大きくなくビシッと取り込み 9.1キロをゲット!!!
まだまだ今日はチャンスがあるかな?と思っていると急に南西の強風が吹き出し海は見る見る大シケに・・・・・。
その後は、口を使わず終了・・・・。

【釣果】
船中4人     ヒラマサ 9・1キロ 1本
     裕二   ヒラマサ 9・1キロ 1本

【タックル】
ロッド   剛樹ウルフ210

リール   オシアジガー3000 

ページの先頭へ

2005年09月27日(火)

外房 江見沖

si-09-27.jpg
天気 晴れ  北東の風そよそよ
波 1メーター  水温 22度

今日は、数年ぶりに外房のヒラマサを狙いに
行って来ました。前日まで台風18号の影響で
海上は大シケで出船しておらず、
まだヒラマサが江見沖に居るか心配したが、
今回は初めて乗る小湊の小沢丸で出船。
平日にもかかわらず、お客は私をいれて10人。
釣り座は抽選で、私の釣り座は右トモから2番目。
朝の話だと台風前は、ハリス14号でも切られまくり
だったらしく最低でも16号を使ってくれとの事。
期待しながらも、カモシのヒラマサはシケ前は
食うがシケ後は、2~3日は厳しいんだよな・・・・・
江見沖には、開始時間の6時前にはすでに10隻ちかい船が、投入時間を待っていた。
いよいよ開始、しかしいくらコマセを振ってもアタリがない・・・・
回りを見ても、ヒラマサが当たった様子がない。
7時を過ぎた頃、回りの船でボチボチ当たってる模様だが、小沢丸にはまだ当たりなし・・・・・
しかし諦めずにコマセを振っていると、私のロッドが満月に・・・・
水面に上がってきたのは、8キロのヒラマサ!!!
やっぱり、伊豆の魚に比べ引かないなぁ・・・その後すぐに隣のお客にヒット!!
上がってきたのは、11キロのヒラマサ! うぅ~俺のよりデカイ・・・
その後は、他船にはボチボチ当たってるようだが小沢丸では小型のヒラマサが、4本上がって
12時の沖上がりなり本日終了!!!
昔のカモシ釣りは、釣り時間が薄明るくなってから昼の1時だったのに、今は短すぎでものたりないな~

【釣果】  
船中 10人  11キロ   1本
           8キロ   1本
          2~5キロ  4本

裕二       8キロ  1本

【タックル】  
ロッド    剛樹 ウルフ210 
リール    オシアジガー3000
ミチイト   新素材 8号
ハリス  14号

【裕二の独り言】  
前情報によると、20キロちかいヒラマサが居ると言う話だったので、大型に絞ったが、ダメだった・・・

ページの先頭へ

2005年09月12日(月)

龍正丸 銭洲

s-9-12.JPG
天気 晴れ   南の風そよそよ
波 1メーター  水温 27度  薄濁り

前回8月29日に、銭洲でカンパチを2本釣って来たが
デジカメが故障の為、更新できませんでした。
今回は2週間ぶりの銭洲の為、気合を入れて行ってきました。
前日の日曜の情報によると、カンパチの食いは悪いが
ムロはボチボチ食うとの事・・・・  
餌さえ釣れれば、こっちのもの・・・・・
早朝3時半にベタナギの中、出船。
銭洲に6時半すぎに到着し、そうそうに支度をすませ
7時の開始時間を待つ・・・・・海は前回とは違い、夏の海だ・・・・
7時の開235始時間になりコマセを撒くとムロが
水面にワァ~と湧いた。これは、今日はいただきやぁ・・・・
さっさと餌を確保し、カンパチ釣りに集中する。
するとそうそうにムロが暴れだす・・・食った~ヒット!
水面には、9キロのカンパチ!!!今日は、いけそうや~今日の食うパターンも分かったし・・・・。
しかし、その後暴れるがなかなか食わない・・・。
2本目を食わせたとこで、船中でボチボチ食いだしいつの間にか大小合わせて船中10本ちかくに・・・・
その後は一日ボチボチ食い、自分は本日の目標の5本に届かず5本で終了!!!

【船中11人】 
      カンパチ 3~9・7キロ  16本
      ハガツオ 3~5・6キロ   2本

 裕二  カンパチ 5~9・5キロ  4本
      ハガツオ 4~5・6キロ   2本

【裕二の独り言】  
島回りには、カンパチがまだ沢山居るな~それも10キロちかい奴が・・・・
今日はひさびさの銭洲だった為、慌てすぎてカンパチ2本見えるとこまで来て強引過ぎの口切れ・・・・・。
今年の銭洲は楽しいし、カンパチは最高に美味しいよ!!!

ページの先頭へ

2005年08月18日(木)

龍正丸 銭洲

s-8-18-01.jpg
天気 晴れ   南の風そよそよ  
波 1メーター  水温 27度  薄濁り 

今日は最終日3日目。無事、釣り丸の佐々木君を
捕まえて2時に銭洲に向け出船・・・。  
今日は、ひさびさの真夏日和の無風のベタナギ・・・・
しかし、こんな日はカンパチ狙いには難しいんだよな~。
ベタナギの中、6時近くに銭洲の北側に
到着し餌のムロアジ釣り。いくらコマセを撒いても、
なかなかムロの姿が見えない・・・おかしいな・・・・。
昨日まではチビムロはなかなか釣れなかったが、
でかいムロは入れ食いだったのに?
何度か移動すると、やっとムロアジの姿が・・・
それも餌にはでかい奴が・・・・それも何かに追われてる
ようにビクビクしていて、なかなか針に掛からない。
間違いなく今日は食いそうやぁ~と、左トモの哲に話かけると
s-8-18-02.jpg
本人はムロ釣りに夢中。カンパチ釣り開始の7時近くに、
やっと3匹のチビムロを確保し開始と同時にすぐに降ろす・・・・
すぐにムロが暴れだすが、なかなか食わない・・・
諦めかけていると、カンパチがくわえた・・・・・
しかし、餌をひったくられた!
すぐに、餌を付けて投入・・・。 するとすぐに、ヒット!!! 
上がってきたのは、7キロ前後のカンパチ。
ハリスを変え、すぐに投入・・・・・しかし、暴れるが食わない・・・・
やはり、デカムロじゃ食わない・・・・・。
少しカンパチの竿を放っておいてムロ釣りをするが、
なまなか確保できない・・・・・・・・・・。
2時間かけ15匹位、中ムロを確保しカンパチに集中する。
ここからは、自分だけボチボチの入れ食い!!!
昼近くの潮止まりまでに、4本追加し計5本に・・・・
左トモの哲ちゃんは・・・・・・まだ、2キロのヒラマサのみ。
(それもわしと一緒に3日間も居るのに、まだボ~ズ・・)
もう今日は終わりかな~と思っていると、
やけに底近くでムロが暴れだす・・・。
すると、今までとは違い重くのしかかったアタリ。
合わせると、重量感ある鈍い引き・・・。 
水面には、モロコが・・・・・・完璧な取材や・・・・。

s-8-18-03.jpg

【釣果】  
船中 11人   カンパチ 4・5~7・8キロ  8本
           ヒラマサ 3キロ級       1本    
          モロコ  15・7キロ      1本
裕二       カンパチ 6・5~7・8キロ  5本
          モロコ  15・7キロ      1本

【裕二の独り言】  
今回の取材は完璧や。 チビムロの時期はとにかく勉強になるよ。
超遠征で巨大カンパチを釣るヒントが沢山隠されてるよ・・・・。
言葉で表すのは難しいが・・・・・。 銭洲の今の時期の経験のみ。

ページの先頭へ

2005年08月17日(水)

龍正丸 銭洲

s-8-17.jpg
天気 晴れ   南のち北東の風
波 1.5メーター  水温 27度

今日から2日間釣り丸の取材の為、
朝から気合を入れていると出船時間を過ぎても、
釣り丸の佐々木君は港に現れず電話しても通じない・・・・
仕方なく佐々木君を置いて出船。 まったく・・・・
1日前に銭洲に行き、下調べは完璧だったのに・・・・・・・。
今日も昨日同様、島の北側に行き6時からムロ釣り。
今日は昨日と違いムロアジの食いが良く、
7時の開始時間までにチビムロを15匹ほど
確保し7時近くに島回りに移動してすぐに第1投!
ムロアジが異常に暴れる・・・しかし、なかなか食って来ない・・?
2投目にちょつと小細工すると、すぐにヒット!!!
島ぎりぎりで食わせているので、根ズレに気を使い少し強引気味のヤリトリで上がってきたのは、10・3キロのカンパチ。
すぐに仕掛けを変え、ムロをつけて投入・・・すると又すぐにヒット!!!
これもなかなかの引きで耐えていると、根に走られ根ズレでハリス切れ・・・・。
ガッカリしていると、今度は右ミヨシ2番の石井さんにヒット!
上がってきたのは、5キロ前後のカンパチ。 
その後、また石井さんにヒットし今度はキハダマグロ!
その後は、転々と移動そのつどボチボチ食い気がつくと4本目に・・・・。
まったく今日、取材だったら完璧だったのに・・・・。

【釣果】  
船中 10人  カンパチ 4~10・3キロ  6本
          ハガツオ  3キロ級     4本

裕二       カンパチ 5・3~10・3キロ  4本
          ハガツオ  3キロ級     3本

【タックル】   
ロッド   剛樹1・8SS
リール  オシアジガー3000

【裕二の独り言】    
島周辺には、カンパチがそうとう居るな~水深も15~20メーター前後の為、
釣るのが難しく、腕の差がでてすごく勉強になるよ・・・・。
いつも、思うんだがこの時期のカンパチはじつに難しく勉強になるよ・・・。
この釣りで、いつも竿頭に近い釣果を出せれば、南に遠征してのカンパチ釣りでは、
いつでも他の釣り人より、良い結果が出せるはず・・・・・。 
魚が多い所でしかやってない釣り人には、今のカンパチは、まず数釣りは無理。
だから、面白いんだよな!!!

ページの先頭へ

2005年08月16日(火)

龍正丸 銭洲

s-8-16.jpg
天気 曇り時々晴れ    南西の風
波 1・5メーター  水温26度

今日は、18・19日の釣り丸の取材の為に
1日早く下田入りし銭洲に行ってきました。
朝6時過ぎに銭洲の北側のムロアジの釣り場に着き、
早速エサのムロアジ釣り。水面にアミコマセを撒くが、
エサには大きいムロアジばかりでエサに調度良いサイズを
やっと10匹ほど確保し、7時近くになりいよいよ
カンパチ釣り・・・まずは島の側の北側から攻めるが、
ムロアジが暴れて食いそうになると隣の人と毎回オマツリが・・・
別に隣のお客が悪いわけでもないのだが・・・
なぜか良い時になると、自分の仕掛けに
隣の仕掛けが乗ってきて・・・。こんな日は、
もう何をやっても裏目でオマツリして解いていると
他のお客にカンパチがヒット!!!
それでもオマツリ地獄の中、何とか2本取って本日終了。

【釣果】  
船中 11人   カンパチ 1・5~7・5キロ  6本
           真鯛   4・7キロ      1枚
          ウメイロ  0~18匹  
            他   ハガツオ ツムブリ

裕二        カンパチ 4・6~7・5キロ  2本 

【タックル】   
ロッド  剛樹 1・8SS
リール  オシアジガー3000

【裕二の独り言】  
やはり春に予想した通り、今年のチビムロを食っているカンパチは濃いな~
秘策は、2つ。 チビムロをいかに確保するか?と、カンパチの気持ちになって考える事。
明日の取材は完璧や・・・・・。

ページの先頭へ

2005年08月01日(月)

龍正丸 銭洲

s-8-01-01.jpg
天気 晴れ  南西の風
波 1・5メーター  水温27度

今日もカンパチ釣りにホームグランドの
下田龍正丸に行って来ました。
昨日、オオモヒカンメンバーのキャバ男君が南千波で
20キロオーバーのカンパチをばらしたらしく、
ひさびさの南千波にワクワクしているとなぜか
船はダルマ回りに止まり?豊船長に聞くと、今日は
南千波には行かず島周辺を攻めるらしい・・・。
気落ちしながらダルマ回りでやっていると、
すぐにエサのムロアジが暴れだしすぐに食い込ませ
5・5キロをゲット!!!なんとなくまだモヤモヤしていると、
他の客にもボチボチあたりだし自分の竿にも
再びアタリがあり7・4キロを1本追加した頃から
食いが止まり、その後長い沈黙が・・・・・・・・。
s-8-01-02.jpg
そのうちムロアジもまるで暴れなくなり、
10時半頃島回りに移動すると水面にチビムロを発見。
すぐチビムロを釣り仕掛けを落とす・・・・
すると仕掛けが底に着かない前からムロアジが大暴れ!
仕掛けを止めすぐにヒット!!!
それからは、入れ食い・・・。 
いつの間にか10本目になると沖上がりの時間に・・・。

釣果  船中8人 カンパチ 2・5~7・4キロ 17本

     裕二    カンパチ 2・7~7・4キロ 10本


タックル  ロッド  剛樹1・8SS

リール  オシアジガー3000

ページの先頭へ

2005年07月19日(火)

龍正丸 銭洲

s-7-19.jpg
天気 晴れ 南西の風   
波1・5m 水温25度

本日は1人下田に残り、ホームグランドの龍正丸で
ひさびさの銭洲のカンパチ釣り。
ナギの中、お客8人を乗せ6時過ぎに
ムロアジの場所に着きまずは、カンパチの餌釣り・・・。
ウメイロ交じりでムロアジをイケス一杯に確保すると、
いよいよダルマ回りに移動し食いそうな
ムロアジをつけて投入・・・・・しかしムロアジは
あまり暴れないまま時間ばかりが過ぎていき、
9時過ぎに今期始めてチビムロが1匹釣れたので
すぐに針に付けて降ろすと
底に着くなりカンパチにひったくられ・・・・・・・。
その後、島回りに行くとカンパチの反応があるが
潮が動かず食わない為西側に移動しを粘っていると、
とび島丸がダルマで食っているとの情報ですぐにすっ飛んで行くと、
とび島丸ではミヨシでやり取りのまっさい中。
すぐに投入すると、ムロアジが物凄いいき良いで大暴れ・・・・しかしなかなか食わない・・・
と思っていると・・・やっとくわえた。
この後はいつものようにし、食い込ませようやくヒット・・・。
上がってきたのは、7・8キロのカンパチ。 すると今度は後ろの寺ちゃんにヒット・・・
上がったのは6キロ級。本日はこれで終わり。

【釣果】  
船中 8人   カンパチ 6~7・8キロ  2本

    裕二  カンパチ 7・8キロ     1本

【タックル】  
ロッド  剛樹S18
リール オシアジガー5000

ページの先頭へ

2005年07月18日(月)

新島

si-7-18-01.gif
天気 晴れ  南西の風
波2m 水温24度

今日は店で使うモロコ調達の為、新島回りのモロコ釣り
○○の社長と2人で行って来ました。
深夜2時半にナギの中、下田港を出船し5時すぎに
島に到着し早速支度をしてモロコのポイントへ・・・・・。
20分位でポイントに到着し、ひたすらモロコを誘って
いるとすぐに自分の竿にモロコのアタリが・・・・。
しかし根頭に上がっていくポイントの為、
前アタリの後送りこめずまずはアタリのみ。
その後1時間位すると○○の社長の竿にアタリが・・・

si-7-18-02.gif
それも何時もなら30~40キロ位のモロコじゃ
まずのされる事のない○○の社長の竿が
水面につき刺さり、のされかけている?
しかし魚との格闘は、あえなく巨大モロコの勝ち。
敗因は、使ってる針が小さかった為のスッポヌケ。
その後、すぐに○○の社長にアタリが・・
しかし今度はなんなく上がり、
水面には8キロのホウキハタが。
そして10時過ぎに潮が変わると沈黙していた
自分の竿にモロコの前アタリが・・・・・・。
がっちり食わせて、なんなく上がってきた
モロコは19キロ。その後すぐに又自分の竿に
モロコのアタリがあり、今度は24キロゲットし11時に沖上がり。

【釣果
ホウキハタ  8キロ   1本
モロコ    19~24キロ  2本

裕二  モロコ 19~24キロ 2本

【タックル】  
竿     剛樹  M1.8
リール   オシアジガー 5000

ページの先頭へ

2005年06月08日(水)

与那国島

n-6-8-01.jpg
天気 くもり時々雨のち曇り  北よりの風
波2m   水温28度

《釣り3日目》
今日は朝のムロ釣りに時間をかけ、巨大なムロだけを
イケスに為昨日のポイントへ。
巨大ムロアジで一発勝負にかけたが
小型のカンパチがぼちぼち釣れるだけで
今回の釣行は終了。

n-6-8-02.jpg

【釣果】 (3日間)
カンパチ 2人で 3キロ~24キロ   28本
 裕二            カンパチ  13本

【タックル
竿      剛樹  M1.8 
リール   アルテクノス30
ミチイト  パワーハンター12号(130ポンド)
ハリス   60号 3m
針   インターフック  30号

n-6-8-03.jpg

【裕二の一言】
今回の与那国釣行はたぶん産卵後すぐだった為に
反応はあるが食いは悪くどれも腹はぺちゃんこ。
記録を狙うにはもうこの時期では重さがなく
遅すぎかも・・・。次回は9月の予定。

n-6-8-04.jpg

ページの先頭へ

2005年06月07日(火)

与那国島

n-6-7-01.jpg
天気 曇り時々晴れ  北よりの風
波 うねり3m   水温28度

《釣り2日目》
今日は台風のうねりもだいぶとれ、風もおさまった為
朝にムロを取り昨日とは違う少し遠い、ポイントに
巨大カンパチをもとめて移動しまくるがどこも
昨日同様、型が小さく反応があるものの
食い込みも悪く、数もでずまったくの不調。
唯一、食いのいいのはキャプテンと舎弟でこの2人は
果物・ケーキ・お菓子等、今日のカンパチと違い
食いまくり・・・。 
そうこうしているうちに2時半の沖上がりとなり帰港。

n-6-7-02.jpg

ページの先頭へ

2005年06月06日(月)

与那国島

n-6-6-01.jpg
天気 曇り時々晴れ  北よりの風
波 うねり4m   水温28度

《釣り1日目》
今日は台風のうねりがある為、明るくなってから出船
風はだいぶおさまったが大きなうねりがあり
ムロの場所まで2時間近くかかり到着。
今回は島の祭りが間近な為3日間とも午後2時30分には
沖上がりしなくてはいけないためエサ釣りを短時間で
すませたかったが、台風による大きなうねりと
赤ムロの棚が150m前後の為エサ釣りに2時間近く
かかり、その後巨大カンパチの場所へ移動。
今日はエサ場のポイントを一日せめたが、
上がってくるのは小型ばかり!!!
しかも産卵が終わったばかりでカンパチの腹はどれも痩せていた。
ポイントを移動している間に沖上がりの時間になり港に4時半帰港。
夕食は与那国で一番混んでいる居酒屋女酋長で明日の作戦を練りながらとり2日終了。

ページの先頭へ

2005年06月05日(日)

与那国島

typ6-5.png
天気 曇り時々晴れ  北よりの強風
波 うねり4m  

今回は台風4号に邪魔され1日でも出船できればいい
覚悟で強行に夕方島入りしたが
やはり台風の影響で港から見た限り海上は大シケ・・・。
取りあえず、明朝出船する予定で飲み物・食料を
買い込み完璧な支度をして夜は
島の居酒屋どんぐりで夕食を取り、本日終了。

ページの先頭へ